大学院 工学府 物質工学専攻 マテリアル工学コース/工学部 マテリアル工学科Department of Materials Science and Engineering

マテリアル工学科 HOME > 学科紹介 > JABEE 認定

JABEE 認定

マテリアル工学科は2014年度に日本技術者教育認定機構(JABEE)により認定された技術者教育プログラムです。

 教育機関名:九州工業大学工学部マテリアル工学科
 認定プログラム名:マテリアル工学科
 認定分野:材料及び関連のエンジニアリング分野
 認定期間:2014年4月1日から3年間 

※日本技術者教育認定機構(JABEE)ウェブサイトはこちらです。

※工学部の情報はこちらです。

技術者教育プログラムとは?

 日本技術者教育認定機構 (Japan Accreditation Board for Engineering Education1(JABEE))が、「国際的に通用する技術者を育成する教育プログラム」と認定した教育コースであり、国際的基準(ワシントン協定)で「教育の質」が保障されたプログラムであります(図1)。教育版 ISO とも言われています。現在、ワシントン協定加盟国は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、香港、南アフリカ、日本、シンガポール、韓国、台湾、マレーシア、トルコ、ロシア、インド、スリランカであり、暫定加盟国がパキスタン、バングラディッシュ、中国、フィリピン、ペルー、コスタリカです。今後、世界中に広まっていく可能性が大です。


図1 技術者教育プログラムの役割

JABEE で認定されたコースを修了すると?

 技術者の資質を国際的なレベルで競うような分野の企業では、当然、認定を受けたコースの学生を優先的に技術者として採用することになります。また大学卒業後、海外にて業務を行う場合、認定コース修了者のみが工事や施工、または技術指導への従事を許可されるということがあります。さらに、わが国には従来から技術士の制度がありますが、この JABEE 認定教育プログラムを修了すると、技術士第一次試験が免除されて、従来の技術士補に相当する「修習技術者」として直接実務修習に入ることができることになります(図2)。


図2 JABEE 認定教育過程修了から技術士への道

 また、FE 試験に対応できる教育・学習が可能となります。【FE (Fundamentals of Engineering) :アメリカの PE 試験の一次試験(工学士取得見込みの4年生以上が国内で受験可能)、PE (Professional Engineer):国際業務に求められる技術者の資格(PE 取得後4年間の実務経験の後、受験資格)】

どのようにして JABEE 認定プログラムを修了するか?

 国際的に通用する技術者を育成するための「学習・教育到達目標」を達成するために設定された、「学習・教育の量」を満たし、またそのための「カリキュラム」に沿った科目の単位を取得すれば、この教育プログラムを修了したと認定されます。

JABEE で認定された教育コースは以下の能力を身につけるよう設計されています

(a) 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養

(b) 技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、及び技術者が社会に対して負っている責任に関する理解

(c) 数学、自然科学および情報技術に関する知識とそれらを応用できる能力

(d) 当該分野において必要とされる専門的知識とそれらを応用する能力

(e) 種々の科学、技術及び情報を活用して社会の要求を解決するためのデザイン能力

(f) 論理的な記述力、口頭発表力、討論等のコミュニーケーション能力

(g) 自主的、継続的に学習する能力

(h) 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力

(i) チームで仕事をするための能力

マテリアル工学科

 本学科の学習・教育到達目標やカリキュラム、授業計画書(シラバス)につきましては、以下からご覧になれます。

九州工業大学
大学院 工学府 物質工学専攻 マテリアル工学コース
工学部 マテリアル工学科
〒804-8550 福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1(戸畑キャンパス)
TEL:093-884-3000(代表)